MENU CLOSE
TEL

園長の日記

MIMAMORU導入の理由

2019/07/21

シンガポールの保育会社マイ・ファースト・スクール(MFS)が「見守る保育」を自らの保育に導入した理由について、GMのアイリーンさん(写真)は、昨日20日の会議で3つのことを挙げました。

1つ目は、子どもの持つ潜在的な力を信じ、それを最大限に引き出す方法であること、2つ目は、子どもがよりよくなるように先生がファシリテーター(促進者)の役割を大切にしていること、3つ目は脳科学や人類学、発達心理学などの最新科学によって常に保育をアップデートしていること。この3つがあったから、全ての 保育園でやることにしたそうです。
最初の2つのことは、表裏一体の不可分の関係にある事柄ですが、3つ目の理由は私たちもあまり意識しないで取り組んでいたことかもしれません。
2つ目のファシリテーターの役割については、子どもの経験の質を高めるための環境の再構成や、子ども同士の人間関係の構築などの専門性が必要なことなので、一朝一夕にできるものではありません。 アイリーンさんがこの3点に着目するのは、とても理にかなったことであり、私たちにとっても、その重要性を再確認できる機会になりました。
top